食べ物

さかきばら米店

日本を代表する美味しいお米 『ササニシキ』

ササニシキの魅力は、炊き上がりの香りの良さと、口の中で心地よくほどけるやわらかな食感。そして、あっさりしていて「くどくない」「甘すぎない」こと。 引用:https://www.sasanishiki.com/

ササニシキはかつで日本でトップクラスのシェアを誇っていたお米です。育てやすさのコシヒカリに、味のササニシキ。そんなササニシキは天候に左右されやすく栽培が難しいため、本場宮城でも入手しにくい幻のお米となってしまいました。タイ米という言葉を聞いたことある人はわかると思いますが、1993年の米騒動(フィリピンの山の噴火が原因)で夏の気温が2~3度下がったことによりササニシキに大きな被害がでました。その後、ササニシキは育てにくいという事でコシヒカリやひとめぼれがシェアを拡大していきます。

現場喫茶では今回イルピーノ特製のカレーに合うお米を探しておりました。スーパーで売っている名のあるお米は全て試しました。答えはどれも美味しい。今のお米は美味しいんです!でもそんな中で最も美味しいと感じ、カレーと合うと思ったのがササニシキでした。ササニシキは本当絶品です。現在お店で提供しているカレーはルー240グラムでお米が300グラムと少し多い量ですがしっかり食べてほしいお米です!

現在スーパーではなかなかお目にかかれないお米です。都内でササニシキを食べる場合は高級寿司店などでしか提供していない事が多いです。通常で買うとお値段の高いササニシキですが、さかきばら米店のササニシキ.comというサイトではお求めやすい価格で販売されております。興味がある方は食べてみてください。

Translate »