弊社でも使用している次亜塩素酸水

次亜塩素酸水という言葉を世間でを目にする機会が増えてきたかと思います。

これは4/17に経済産業省が次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに有効の見解を示したことで世間でも商品が増えました。経済産業省では当初(4/10)時点では有効かの確認はできていないと発表してました。弊社では2月中旬から次亜塩素酸水の注文を進め3月頭から次亜塩素酸水での消毒をスタートさせました。理由は、今までのインフルエンザ・ノロウイルスへの効果は大学での実験によりお墨付きだった点です。新型コロナウイルスそのものはまだ研究所で入手できないことから、新型コロナウイルスへの効果は全てにおいてわからないのが正解です。ですが、当初からアルコールのように国に利権があるものは発表されておりました。

そんな次亜塩素酸水が様々な場所で現在使用されてます。

1.設置機器 次亜塩素酸水超音波噴霧器(星光技研様のご協力により、当社鉄道用に改造した噴霧器を設置しています)
2.設置場所 各車両の運転室後部客室内に設置しています。
3.噴霧液体 次亜塩素酸水「ジアリフレ」(濃度50ppmに希釈したもの)
4.噴霧制御 1分噴霧・4分休止の間欠制御で噴霧します。
5.お問合せ アルピコ交通新島々駅 TEL:0263-92-2511(構内の巡回や点検、改札対応等により電話に出られない場合がございます。)

アルピコ交通株式会社

このように噴射してます。50ppmとは濃度の事で数字が多くなればなるほど濃さを意味します。よく似た名前が勘違いされる次亜塩素ナトリウムの0.05%という表記はppmへ変換すると500ppmの事です。50ppmでは、0.005%となります。

※次亜塩素ナトリウムは口に入れる事ができないので、噴射は危険です。

新型コロナウイルスは、患者のせきやくしゃみなどから他の人に感染すると考えられている。チームは2~3月、患者を収容する病院や公共エリアで、空気中に浮いているごく小さな水分などの微粒子を集め、ウイルスの遺伝物質があるかを調べた。

 その結果、換気していない患者用トイレ、医療従事者が防護服を脱ぐ場所で、検出された。換気された病棟では、非常に低かった。住宅やスーパーマーケットなど、病院外の公共エリアでは総じて検出されなかったという。

2020/05/03 読売新聞

中国の研究チームが[中国・武漢市]で検査をし英科学誌ネイチャーで発表した情報です。

皆様外出から帰られたら衣類はどうしてますか?玄関や脱衣所で脱いでますか?この情報では新型コロナウイルスのエアロゾル(空中浮遊するウイルス ※水分やチリに付着)が服を脱ぐ場所やトイレから検出されたという情報です。換気の大事さもわかりますが、衣類などの殺菌も必要です。

弊社スタッフ・弊社お店は次亜塩素酸水をい噴射器で噴射する方法を強化してます。スタッフも自宅では同様の使用方法をおこなってます。

加湿器(超音波式)などを購入し、次亜塩素酸水20~50ppm程度を入れたのを玄関や脱衣所に設置し除菌室をつくるのオススメします。




イベントスペース予約

パーティー予約【開始時間をお選びください】

2020年10月31日 (土)

時間 予約
10:00
×
14:00
18:00




最近の記事

  1. 宅配情報

    2020.04.12

カテゴリー




Translate »